勉強苦手な子が医療事務管理士技能認定試験受けてみた!勉強法をご紹介

2019年7月ごろに医療事務管理士の資格試験を受け、合格していたので今回はこのことについて書いていこうと思います💮

医療事務管理士技能認定試験とは…

  • 試験内容:実技試験(外来・入院レセ・点検問題)、学科試験(マーク10問)
  • 合格率:医科50%、歯科70%(※年ごとに変動あり)
  • 合格基準(分野は別だが医科、歯科どちらも基準は同じ)
    • 実技:レセプト2問、点検問題の全てにおいて各50%以上の点数を取り、合計して70%以上を取得
    • 学科:70%以上を取得
  • 受験料:7,500円/免除あり:5,400円
  • 免除科目:学科、実技のどちらか一方が合格していれば6ヶ月間免除

受験してみて感じたのですが、この資格はきちんと勉強すべきポイントが分かっていれば結構いけるんではないでしょうか😊🌸それに片方ダメでも、もう片方がOKなら次受けるときは免除できるし!

実際にやっていたこと

問題演習

まず、転記するところ、上書きがちゃんとできていることが前提となります。基本的なところを落としてしまうと致命的な試験だと認識してもらうと良いかもしれません。

投薬や麻酔などで必ず出てくる、薬剤の計算も大事です!問題を多く解いていくうちに、もっと難しい問題を重点的にやったほうが良いのではないか?と思うこともあると思います。でも、そこで薬価計算を飛ばすことはしないほうが良いです。本番でミスをしないために練習し続けててください👍🏻私はなぜか頓服で混乱していました😅

点検問題

点検問題は、レセが一通り、演習できるようになった終盤の方で対策を始めました。上書きに1つは誤りがあるらしいので、それをまず探してください!残りは順々にレセを確認していくしかありません。演習がどれだけ身についているか、で誤りを見つけるスピードが変わってくると思います。(私は見つけるの、得意ではありませんでしたけど💦)

学科問題

学科問題は時間内に教科書から、問題で問われていることに対する答えを見つけ出す試験の形になっています。出やすい部分があるのでそのページに付箋やインデックスをつけておくことをお勧めします◎

この試験に関しては以上のことしかしていません!勉強を大してしていないように感じますが、故に医療事務をやってみようかと迷っている方には挑戦しやすいと思います。

では今回はこの辺で🤗🌸ありがとうございました!